政策

多様な生き方、働き方を認め合い、実現できる社会へ

病気や障害を抱えても住み慣れた地域で多様な生き方を選択できるまちへ

「最期は自宅で家族と過ごしたい」「障害を抱えても自立して暮らしたい」。皆さんそれぞれ望む生き方があります。病気や障害を抱えても、多様な生き方が選択できるよう、地域医療福祉の拡充を進めます。また現場を支える看護師や介護士の処遇改善、潜在看護師・介護士の復職支援にも取り組みます。

  • 地域医療福祉体制の拡充
  • 看護師、介護士の処遇改善、復職支援

心身ともに健康で長生きできる、世界から注目される「健康長寿のまち」へ

平均寿命世界一の国日本の中でも、横浜市青葉区は長寿のまちとして知られています。今後は地域医療による予防医療を拡充し、自立して生活できる期間「健康寿命」の延伸をはかります。また、心の健康にも着目し、自殺やいじめ、パワハラ、虐待等のメンタルヘルスケアにも地域全体で取り組み、心身ともに健康で長生きできるまちづくりを目ざします。

  • 予防医療の拡充
  • 自殺予防対策
  • メンタルヘルスケアの推進

地域で女性や高齢者、障がい者の多様な働き方を応援し、地域文化・経済を活性化

子育てや介護により「働きたくても働けない」女性、「働きたくても働く場がない」元気な高齢者、障がい者が地域には沢山います。地域企業が中心となって、在宅ワークや起業支援、子どもと行けるシェアオフィスの提供、高齢者や障がい者の雇用支援を行い、一人ひとりの個性や経験の光る地域文化と経済の活性化に取り組みます。

  • 女性の在宅ワーク、起業支援
  • 保育付シェアオフィス整備
  • 高齢者、障がい者の雇用促進

多様な地域住民の命と安全を守ることのできる、避難所および病院機能の強化

地域には元気な人だけでなく、緊急時や災害時に人の助けを必要とする要配慮者(高齢者、障がい者、乳幼児、妊産婦、外国人など)がいます。日頃から地域で要配慮者の把握と情報提供、要配慮者を受け入れる福祉避難所の整備を進めます。また、地域の災害拠点病院、災害時協力病院の機能強化を進め、地域住民の命と安全を守ります。

  • 要配慮者対策
  • 福祉避難所の整備
  • 災害拠点病院
  • 災害時協力病院の機能強化

適正な事業評価と「目標と成果」の具体的な数値化を進め、オープンでクリーンな政治を実現

多額の税金が投入されているのに事業評価が十分なされていない政策や具体的な成果の報告がない政策について、適正な事業評価と目標と成果の具体的な数値化を進めていきます。また、皆さんの声を受けとめ、まっすぐ市政へと届けて行きます。

  • 適正な事業評価
  • 目標と成果の数値化
  • 市民の声が届く市政

「子は宝」~子どもの未来は横浜の未来。未来の横浜は子どもの未来。

(1)中学校完全給食の実施

温かく幸せな給食は成長期の子どもたちにとっての「宝」です。喫食率わずか2%、冷たい「ハマ弁」へのムダな予算を廃止し、中学校完全給食の実現を目ざします。

(2)カジノ誘致反対

地域文化は子どもたちにとっての「宝」です。開港の地「横浜」の歴史・文化は子どもたちへの貴重な遺産です。治安悪化やギャンブル依存症を招く恐れのある「負の遺産、カジノ」を未来の子どもたちに遺すことに断固反対します。

(3)待機児童・保留児童ゼロ

待機児童と保育園に入れなかった保留児童を合わせると3,000人以上に上ります。保育施設整備に加え、保育ママの増員、保育士の処遇改善につとめます。

  • 中学校完全給食の実施
  • カジノ誘致反対
  • 待機児童、保留児童ゼロ