市政レポート(vol.2)を発行いたしました

Vol.2 自宅で最期を迎えるには
最期まで住み慣れた自宅で自分らしく生きるために

私も家族を自宅で在宅医療を受けながら介護し、看取った経験があります。
安心して在宅医療を続けるには地域医療・介護との連携が重要です。
今回は、在宅医療について、市民の皆さんにお伝えすることで、
人生の最終段階の迎え方を考えるきっかけになればと思います。

●田中ゆき 市政レポート(vol.2)[PDF]