ARCHIVE

みんなの保健室

冬の食中毒に気をつけましょう

 食中毒予防が必要なのは夏だけではありません。食中毒は1年を通して発生します。特に冬になるとノロウイルスによる食中毒が増えます。ノロウイルスは、少量でも手や指、食品などを介して口から入ると、体の中で増殖し、腹痛やおう吐、下痢などの食中毒の症状を引き起こします。  毎年11月から2月にかけての冬場は、ノロウイルスによる食中毒が多発しています。ノロウイルスは小さな球形をしたウイルスで、非常に強い感染力 […]

低温やけどに注意

低温やけどは、カイロ、湯たんぽ、ホットカーペット、床暖房などの低温の暖房器具などで起こります。触っていてあたたかく心地よいと感じる60℃くらいの温度でも、1分間圧迫を続けるとやけどをします。これが「低温やけど」というもので、50℃でも3分間圧迫を続けると低温やけどになるといわれています。また42℃でも6時間接触していると細胞が変化するという実験報告もあります。  火や熱湯で起こってくる高温のやけど […]

正しいマスクの使い方

せっかくマスクを着用しても、サイズが合っていなかったり、正しく着用できていないとウイルスや花粉の侵入を防ぐ効果が低下してしまいます。正しいマスクの使い方をマスターしましょう。 ①自分に合ったサイズのマスクを選びましょう。  サイズが大きく、鼻や頬のあたりに隙間ができている場合も花粉やウイルスがマスク内に入ってきてしまいます。顔にぴったりフィットするマスクを選びましょう。 ②マスクの表と裏を確認しま […]

「インフルエンザかな?」と思ったら

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身のだるさ等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。あわせて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 ①高熱(38.5℃以上)が出る、呼吸が苦しい […]

「咳エチケット」していますか?

「咳エチケット」という言葉を聞いたことがありますか?「咳エチケット」とはインフルエンザのように、咳やくしゃみのしぶきに含まれる病原菌により感染する感染症を他の人にうつさないよう、咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることをいいます。 何もせずに咳やくしゃみをすると、しぶきが2mほど飛ぶと言われています。特に、朝の満員電車や職場、学校、人ごみなど人が集まる […]

空気の乾燥とインフルエンザ

 最近は天気予報などで乾燥注意報が出されていますね。空気が乾燥すると、火災が起こりやすくなるだけでなく、お肌がカサカサになったり、インフルエンザにかかりやすくなります。また暖房器具を使用することにより、さらに室内の空気は乾燥しまいます。  年末の大寒波到来とともに、インフルエンザも本格的に流行を始めました。今日は空気の乾燥とインフルエンザのお話をしたいと思います。  インフルエンザは、インフルエン […]

お餅による窒息事故に気をつけましょう!

あけましておめでとうございます。 お正月はお雑煮やお汁粉など、お餅を食べる機会が多くなると思います。お正月にお餅を喉の詰まらせる窒息事故が毎年多発しています。お餅による窒息事故は高齢者だけでなく、子どもでもしばしば起きています。実は私も高校生の時にお正月にお餅をのどに詰まらせた経験があり、とても苦しい思いをしました。 お餅は口の中で温度が下がると固まったり、くっつきやすくなります。そのため、噛む力 […]

冬の温度差に気をつけましょう!~「ヒートショック」を防ぐには

 「ヒートショック」という言葉を聞いたことがありますか?「ヒートショック」とは「急激な温度の変化で身体がダメージを受けること」を言います。 入浴中に突然死する人が年間1万人以上いるとされ、その原因の多くが「ヒートショック」の可能性であることが指摘されています。 特に冬のお風呂では、暖かい場所から急に寒いお風呂場へ行くことで、身体は熱を奪われまいと血管が縮み、血圧が急激に上昇します。一方で、温かいお […]