正しい目薬のさし方 #立憲民主党 @tanayukinet

冬に目が乾燥して目薬を使う方いらっしゃると思います。みなさんは、どのように目薬をさしていますか?正しい目薬のさし方をしないと目薬の効果が十分に発揮されなかったり、目薬が汚染されることがあります。正しい目薬のさし方をマスターしましょう。

 

①指が目薬の容器の先に触れて汚染されることがないよう、手を石鹸でよく洗いましょう。

 

②容器から取り外したキャップを清潔なところに置いて、汚染防止につとめましょう。

 

③顔をしっかり真上に向け、目薬を持っていないほうの手で下まぶたを軽く引き下げます。

 

④目薬の容器の先が、まつげやまぶたに触れないように気をつけて、指示された量をさすようにしましょう。

 

*容器の先を目に近づけすぎると、容器に涙や細菌、花粉、目やになどが付いたり、容器の中に涙や細菌、花粉、目やになどが逆流してしまい、目薬の汚染につながります

 

⑤点眼後しばらくは目を閉じ、清潔なガーゼやティッシュで目頭を押えるようにしましょう。目薬をさしたあとは目をパチパチしないようにしましょう。目薬が涙と一緒に目頭の方に集まって、涙点(涙の出口)からのどの方へ流れ出てしまいます。

 

*目薬に添付されている説明書の用法・用量を守りましょう。また目薬の貸し借りや、使用期限を過ぎた目薬の使用もしないようにしましょう。