「メタボ」メタボリックシンドロームとは? #立憲民主党 @tanayukinet

「メタボ」という言葉をよく耳にすると思います。「メタボ」は、メタボリックシンドロームの略で、内臓脂肪が多くて糖尿病をはじめとする生活習慣病になりやすく、心臓病や脳などの血管の病気につながりやすい状況をいいます。

 こうしたことから、内臓脂肪蓄積に加えて、空腹時血糖や血清脂質(HDLコレステロールと中性脂肪)・血圧が一定以上の値を示している場合を「メタボリックシンドローム」として、取り上げるようになりました。

<メタボリックシンドロームの診断基準>

〇ウエスト周囲径(おへその高さの周囲)が男性85㎝以上、女性90㎝以上

かつ①~③のうち2つ以上あてはまる場合

①最大血圧130mmHg以上(かつ/または)最小血圧85mmHg

②空腹時血糖110㎎/dL以上

③中性脂肪150㎎/dL以上(かつ/または)HDLコレステロール40㎎/dL未満

 メタボリックシンドロームになると、たまった内臓脂肪から脂質がたくさん放出されます。その結果、中性脂肪の増加や善玉のHDLコレステロールの減少をまねき、動脈硬化が進行します。

また、脂肪細胞が大きくなり増えると、悪玉アディポサイトカインの分泌異常が起こり、動脈硬化を促進し、糖尿病・高血圧・脂質異常症を引き起こします。

<メタボリックシンドロームの予防>

①食事

 1日3食規則正しく、腹七~八分目を心がけ、早食い・間食・夜食などの内臓脂肪をためる食習慣を改めましょう。

②運動

 ウォーキング・軽いジョギング・サイクリング・水泳など軽めの有酸素運動を習慣化しましょう。スクワットや椅子で膝上げ・腕立て伏せなどの筋肉を鍛える運動も効果的です。

③メンタルヘルス

 ストレスは食欲を高め、肥満をまねき、糖尿病・高血圧・脂質異常を引き起こす要因にもなります。ストレス軽減につとめましょう。

④禁煙

 喫煙は血圧・糖代謝・脂質代謝に悪影響を及ぼし、メタボを引き起こすだけでなく、急速に悪化させてしまいます。周囲の人にも影響を及ぼします。禁煙につとめましょう。