主権者教育について考える

母校桐蔭学園て開催された「トランジション」の学びのフォーラムでは、全国から集まった教育関係者の皆さんとの素晴らしい出会いがありました。

授業実践を通じた「AL(アクティブラーニング)・探求・キャリア」のワークショップ型研修で、私は都立高島高校社会科の大畑方人先生の主権者教育のワークショップに参加させて頂きました。

第一部では、「ブラック校則」をテーマに参加者が実際に先生役、生徒役になって演技をしたり、第二部では、グループに分かれて仮想国の憲法を作ったり、楽しく学びの深いワークショップでした!

大畑先生の授業を通して、主権者教育とは自ら身近な社会について考え、課題を見出し、社会のルールを皆で創り出す力を身につける教育だと実感しました。

子ども達だけでなく、大人にとっても、主権者とは、憲法とは、政治とは、を改めて考える機会を持つことの大切さにも気づきました。

母校桐蔭学園の地域社会への貢献、数々の新たな取り組み、また元職場の桐蔭横浜大学の皆さんとの再会に、元気をいっぱいもらいました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です