視察報告②:患者ファーストの病院

医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック理事長 藤田勉先生は、患者ファーストのカリスマドクターです。

24時間365日、患者さんを受け入れ、藤田先生携帯番号は救急心臓血管ホットラインとして、オープンにしています。

私が看護師として驚いたことは、心疾患のスクリーニング検査として、カテーテル検査が主に行われていますが、札幌心臓血管クリニックではCT検査でスクリーニングが行われていることです。

カテーテル検査は、患者さんの心身の負担が大きい検査ですが、CTは低侵襲です。私も看護師として、心臓カテーテル検査を受ける患者さんに関わり、検査中・後も、苦痛を訴える方が少なくありませんでした。

患者ファーストの検査、治療、外来診療を徹底して行う藤田先生の姿勢には、医師としてだけでなく、人としての魅力を感じました。

また、道内の多くの連携病院で外来診療を行い、札幌心臓血管クリニックでの治療が必要な時は、病院所有の車で患者さんを送迎し、移動の負担を減らすなど、より多くの患者さんを診療するための環境も整備されています。

サッカーチームのスポンサーやテレビCMを通して、クリニックを周知することも行なっており、帰りの移動最中には、バスの宣伝広告も目にする機会がありました。

患者ファーストだけでなく、職員のことも大切にし、モチベーションを高めるイベントも開催する藤田先生に感化され、私も市民の皆さんを一番に行動できる市議になりたい!と決意新たにしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です