ガンを取り巻く社会環境をより良くするために

ガン哲学外来cafeにご尽力されている押方さん。

私自身、家族のガン闘病中に、ガン哲学外来cafeを心の拠り所にしたいと思っていましたが、その想いは叶わず看取りを経験しました。

押方さんに出会い、たまプラーザのケアプラザで、月に一回開催されている、ガン哲学外来cafeのご活動について知ることができました。

ガン闘病中の方とご家族だけでなく、残されたご家族の想いにも寄り添うことも大切にされていて、私も参加させて頂きたいと思いました。

看護師として出来ること、当事者、ご家族として出来ること、様々な職種や立場の皆さんと連携し、ガンを取り巻く社会環境をより良くして行きたいと思います。